「竹」日本の伝統素材を大切にする企業 国産竹集成材のエキスパート

竹集成材

竹集成材

集成材が出来るまで

乾燥

成形

接着

圧縮
伐採 → 粗カット → 乾留 → 乾燥 → 成形 → 接着 → 圧縮

集成材とは

集成材の作り方

ラミナ(板)を接着剤で重ね合わせ圧縮機械にかけて積層し出来た板。

弊社の竹集成材・特長

  • 高知県産竹材100%
  • 化学薬品不使用
    材料の漂白は一切していませんので、人と環境に優しい。
  • 接着剤はJIS規格において最高評価の人体と環境に優しいものを使用。
  • 製造から加工まで全て自社工場で行っている。(塗装は県内の業者に依頼)

竹集成材製造工程  厚み・幅 調整

材の粗加工、熱処理、乾燥の後、機械を使い同じ厚み・幅となるように成形、仕上げ加工し工業製品としての品質に対応する材料を製造します。

集成材製造工程_01
集成材製造工程_02
集成材製造工程_03

竹集成材製造工程 接着&圧縮

接着剤はホルムアルデヒド発散量が低い、JIS規格において
最も高い評価(F★★★★)を受けている環境と人に配慮した
水性ビニールウレタンです。
接着剤を付けた材料を1枚ずつ重ねていき、積層したものを
圧縮機にかけて竹集成材を作ります。

接着・圧縮
接着・圧縮
接着・圧縮

竹集成材製造工程 仕上げ

2面プレーナー機を使い竹集成材の表面を仕上げ厚みを調整します。

幅  320mm以下 プレーナー加工
   320mm以上 サンダー仕上げ ※特注品となります。

竹集成材サイズについて

単位:mm

 
 幅  (規格品)  ⇒ 320 mm 
     (特注品)  ⇒  100 ~ 850 mm


 長さ  (規格品) ⇒ 2000 mm
     (特注品) ⇒ 100 ~ 2000 mm

 厚み   (規格品) ⇒ 20 mm  
      (特注品) ⇒  5 ~ 20 mm

ご希望のサイズに集成材板を製造、販売いたします。
※ 長さ、幅、厚みの組み合わせによっては板が割れ易くなるため、ご注文をお受けできない場合がございます。まずはお気軽にご相談くださいませ。

 

竹集成材加工例

– 天板 –

– ランチボックス –

OBENTO BOX

– 半月盆 –

HALF MOON
半月盆

TEL (代表)088-847-1823

PAGETOP
Copyright © 2008-2022 COSUMO KOBO All Rights Reserved.